2021年01月27日 / 2021年03月04日

除菌作業を業者に依頼するメリットとは?─プロに委託して得られるもの

新型コロナウイルス感染防止対策として、除菌業者への依頼を検討している方は多いのではないでしょうか。この記事では除菌施工を業者に依頼した場合、どのようなメリットがあるのか解説いたします。

【記事】

職場の除菌作業を従業員が行うケースが多くあります。 内製化すればコストをかけずに感染防止対策ができるのは確かですが、本当に従業員に任せるだけで十分なのでしょうか。 新型コロナウイルスの感染拡大防止が社会的に取り組むべき課題として掲げられてからは、除菌のプロ業者も活発にサービスを提供しています。

除菌作業をプロに依頼するという選択肢も検討してみる価値があるので、内製化との比較をしながら外部委託をするメリットを確認しておきましょう。


除菌作業の担当:内製化のデメリットとは

結論から言えば、除菌作業の担当はプロの業者にお願いをして定期的に除菌作業をしてもらうのが得策です。 これは除菌作業を内製化するとデメリットが多く出てくるからです。 除菌作業を従業員に行わせることによる問題点は以下の通りです。

除菌すべき場所の策定

除菌作業による感染対策をするには除菌すべき場所がどこかを判断できなければなりません。 どこにウイルスが付着するかがわかっていないと感染拡大のリスクが高い場所を除菌せずに終わってしまう可能性があります

不慣れな人のためにマニュアルを作ったとしても、マニュアルを見ながら除菌作業をするのは効率が悪くなりがちです。 抜け落ちがあるのが問題ならあらゆる場所を毎日欠かさず除菌すれば良いと考えるかもしれません。

しかし、隅々まで除菌をしていると莫大な労力がかかってしまうでしょう。 どの場所をどのくらいの頻度、あるいはどのタイミングで除菌すべきなのかを見分けられないと作業負担が甚大になるのです。 プロに任せればその判断を適切にできるので効率良く的確に場所を選んで除菌してもらえます。

除菌作業そのもののクオリティ

除菌作業を従業員に任せるとそのクオリティが問題になりがちです。 不慣れな従業員が除菌作業をすると除菌できたつもりがきちんとできていない可能性もあります。 掃除をするときに慣れていないと汚れが残ってしまう場合があるでしょう。 除菌にも同じことが言えます。

テーブルをアルコールで濡らした布で拭いて除菌をしたつもりが拭き残している部分があったり、ドアノブの除菌を一方だけしかせずに終えてしまったりする場合があります。 このような抜け落ちが多ければ多いほどリスクが高まるのは明らかです。

クオリティの高いプロによる除菌作業を取り入れて、隈なく除菌してもらった方が安全な環境を整えることができます 。 日常的には従業員に任せるとしても定期的に業者に除菌してもらうのが安全策です。

作業ペースの問題

除菌作業を内製化すると作業時間がかかることによる弊害があります。 作業に慣れていない従業員に任せると作業ペースが遅いので時間がかかりがちです。

従業員は業務時間中に対応することになるため、その分だけ本来の業務時間が圧迫されます。 結果として業務が滞り、顧客対応の遅れが生じる、残業が発生するなどといった問題が発生します。 コスト削減のために従業員に任せたつもりが、人的コストがかかってしまってかえって損失が大きくなることも珍しくありません。

この観点から業務委託の活用が広まっていることも考慮し、本格的な除菌作業はプロに依頼するのが合理的です。 プロに委託すれば業務に支障をきたすことなく、安心できる職場環境にできる からです。



除菌作業をプロに委託するメリット

除菌作業を完全に内部で行わずにプロに委託すると何が得られるのでしょうか。 除菌作業の内製化によるデメリットを念頭に置いて、具体的に得られるものをまとめると次のようになります。

内製化に成功して従業員の努力によって完璧な除菌ができているような現場でも、外部委託をするメリットがあるので詳細を確認しておきましょう。

時間

除菌作業を業者に委託すると従業員の業務時間が確保されます。 1日10分程度ならわずかだと思っていても、1ヶ月に20日出勤したとするなら月に200分もの時間を除菌作業に費やしていることになります。 本格的な除菌を広範囲にわたって行ったら30分以上かかることもあり得ます。

1日の業務時間が7.5時間だとすれば15分の1もの時間を除菌のためだけに使っていることになるのです。 これだけの時間があればもっと生産的な活動をして企業に貢献できるでしょう。

外部委託することで従業員はそれぞれの業務に力を注ぐことができます。 余計な負担をなくし、生産性のある業務に集中して利益を生み出せる体制を整えることが可能です。 日常的な除菌が必要な部分は限られているので、本格的な除菌作業をプロに依頼してしまえば時間の大幅な節約になります。

顧客の安心

信頼できるプロの業者に委託して建物内の除菌をしていると顧客の安心を得られます。 来訪する際には行き先で感染してしまうのではないかと心配になる顧客も少なからずいます。 従業員が除菌をしているから大丈夫と伝えるよりも、専門業者に委託して除菌を実施しているから安全と伝えた方が顧客はより安心できるでしょう。

除菌に詳しいプロが定期的に除菌しているなら隅々まできれいになっているはずだと考えられるからです。 オフィスでも重要な観点ですが、一般消費者を相手に店舗サービスをしている場合には宣伝広告の際のアピールポイントにもできます。 他社との差別化戦略として用いることも可能なので、前向きに検討してみるのが大切です。

従業員の安心

安心を得られるのは顧客だけでなく従業員も同様です。 自分たちが取り組んでいる除菌の仕方が本当に正しいのかが不安になる人もいます。

また、自分はきちんと作業をしているけれど他の人もやってくれているのかわからず心配になる人もいるでしょう。 しかし、プロがいつも除菌作業をしてくれているのなら、正しい方法で確実に除菌してくれていると考えることができます。 作業をしている姿を見るとますます安心感が生まれるでしょう。

従業員の不安を取り除くことはメンタルヘルス対策にもなり、業務のパフォーマンスの向上にもつながります。 従業員を大切にしている職場だと感じて帰属意識も高まると期待できるでしょう。 従業員の安心を得ることは長い目で見ると会社の成長につながるので重要な点です。

本来の業務効率

プロに除菌作業を委託すれば、組織としての本来の業務体制を復旧し、個々の従業員も企業も業務効率を取り戻すことができます

除菌作業が完全に内製化されていたときには除菌すべき場所を探したり、作業を実施したりするために時間や労力がかかっていただけでなく、本当にこの職場は安全な環境なのかが気になって仕事に集中できないでいた人もいるでしょう。

しかし、プロに委託する仕組みに切り替えることで除菌作業は負担にならないルーチン作業だけで済むようになり、いつもプロが衛生的な環境を提供してくれているという安心が得られます。

結果として本来の業務に集中できるようになるのです。 業務効率が上がって成果も上がれば従業員のやる気も高まりますが、企業としても利益を生み出して委託費用もまかなえるようになるでしょう。



定期的に業者へ委託することで大切な人・会社を守る

感染リスクを下げるためには日常的な除菌を従業員にルーチンでできる範囲で行ってもらうことが必要なのは確かです。

しかし、完全に内製化して除菌をしていこうとすると従業員に多大な労力と時間がかかり、業務にも支障をきたしてしまいます。 本当に除菌がきちんと出来ているのか不安になってしまうのも問題となってきます。 プロの業者に委託して、本格的な除菌を定期的に実施すればこれらの問題は解決されます。 除菌業者に任せてしまえば会社や従業員を守れるだけでなく、本来の業務を全うできるようになります。

会社として事業を継続していくためにも肝心な対策方法なので、大切な人や会社のために外部委託による除菌の導入を検討しましょう

CONTENTS

COMPANY

INFONATION